患者さんに対して平気で文句はつけるし、トランスなんかまるで物扱い

患者さんに対して平気で文句はつけるし、トランスなんかまるで物扱い

年配のドクターやナースって、どこか患者さんに対して上から目線な人が多いですよね(・_・;

昔は、お医者さんさま様な時代もありましたが、今はそんな時代ではありません。

私たちは患者さんはお客様...そういった教育を受けています。

病院も全体的にそういった教育を受けていますから、丁寧な対応がされるようになってきましたよね。

しかし、病棟のお局ナースの中には、時代に逆行した態度と意見の人が沢山いるんです( ;´Д`)

うちの病棟にもお局ナースと呼ばれる年配のナースが数人、いつもひどいで患者さんに接しています。

患者さんに対して平気で文句はつけるし、トランスなんかまるで物扱い(・_・;

ナースコールに対しては、「忙しいんだから、そのくらい我慢しなさい」とか言っちゃってます。

しかも、ナースステーションでは、悪口大会です。

ナースステーションの中にいると、あまり気づかないようですが、ナースステーションの中で話していることは、わりと廊下や病室に丸聞こえなんですよね(;´Д`A

とくに夜勤中は病棟内も静まり返っていますから、ナースステーションの声がものすごく響いているんです。

入院している患者さんって、とてもナーバスになっていますよね。

病気による身体的な苦痛。
病気によって社会的な立場を維持出来ない精神的な苦痛。

病気によって、自分の先行きに不安を感じ、この先どんな苦しみが待ち受けているのか大きな不安を抱いています。

だから、少しの言葉でも必要以上に傷つきますし、とても神経質になっています。

そんな患者さんの不安や苦痛を緩和することも、ナースにとって大切な仕事だと思うんです。

それなのに、患者さんを苦しめるような態度や言葉を平気で浴びせるナースは、ナースと言えませんよね>_<

どこの病棟も、師長すらお局ナースには強いことも言えず、のさばらせている現状です。

ナースならば、ナースらしく患者さんの気持ちを考え、プロ意識を持って働いて欲しいですよね(−_−#)

2014年7月14日|